組み立てパズル むにむに
Construction Puzzle Muni Muni

概要
この作品は操作に1つのキーのみしか使用しないという制約のもとで、 どこまで複雑な思考性をもったゲームを作れるかという試みのもと制作されました。  パズルゲームとしてのシステムはとても単純ですが、ステージクリアには高度な思考が要求されます。

システムはJavaでプログラムされており、ステージデータは簡単なテキストで記述されているので、 これを編集してオリジナルのステージを作成し自分のホームページに設置することができます。

ゲームの起動にはJavaが動作する環境が必要です。
現状ではFirefox以外での起動は困難となっています。

詳細はよくある質問をどうぞ。

初級ステージ(7面)  WWAキャラクタ版

中級ステージ(7面)  WWAキャラクタ版

上級ステージ(5面)

スペシャルステージ
Question !!
The Guillotine
Simple is the Best
Nao's Special

達人名簿
中級以上のステージを解くとこの達人名簿に登録できます。  挑戦者求む!

遊び方
ゲームをスタートすると、画面の左端から人型のキャラクタが次々と現れます。  この白いキャラクタ「むにむに」は、 キーを押すと固まって「石むに」になります。

この「石むに」は、他の「むにむに」の足場になります。  図のように「石むに」を階段のように積み重ねることで、「むにむに」を上に登らせることができます。
緑の「むにむに」は、 固めると通せんぼをして、 向かってきた「むにむに」の進行方向を反転させます。

赤い「むにむに」は、 キーを押すと膨らんで爆発します。 爆発するとその四方の「むにむに」は消滅します。

なお、先頭の「むにむに」には、マーカーが付き、 これがアクションの対象となります。

これら3種類の「むにむに」を操って画面内にあるフラグ をすべて取ればステージクリアーです。

操作方法
このゲームで使用するキーは基本的には1つだけです。  画面のボタン以外の場所をクリックするか、リターンキー(スペースキー)を押すと、 先頭の「むにむに」が固まるなどのアクションをします。

また画面右上にあるボタンをクリックすると再スタートなどをすることができます。
ゲームスピードをコマ送りにします(カーソルキー左が対応)
ゲームスピードを標準に戻します(カーソルキー上下が対応)
ゲームスピードを速くします(カーソルキー右が対応)
ギブアップしてステージの最初からやり直します(Homeキーが対応)
「むにむに」の公式ホームページにリンクします。

ステージ作成方法
ホームページをお持ちの方は、 オリジナルのステージを作成して自分のホームページに設置することができます。  WWAとは異なりステージデータは完全なテキストなので、機種やOSは問いません。  下記ダウンロードファイルからどうぞ。  こちらがマニュアルです。

ステージ作成ツール munimake112.lzh
(2002年 9月 4日更新版 80Kbyte)

名簿登録CGI
むにむに用の名簿登録CGIです。  ここの達人名簿に使用しているCGIと同じものです。  ご使用のホームページのサーバーがCGI使用可能になっていることが必要です。  設置にはある程度のCGIの知識が必要になります。
名簿登録CGI municgi.lzh

沿革
このゲームはもともとは、PC9801用にWindowsの前身であるMS-DOS(1995年頃)で制作されたものをJavaアプレットとして復刻させたものです。

制作当時で1つのキーのみで遊べるゲームというと、重力に引かれて落ちながら右に進む自機をキーを押すことで浮上させることにより障害物を避けつつ、ひたすら前に進めていくアクションゲームなどがありました。  これはこれでなかなか面白いのですが、キーを1つしか使わないだけあってゲーム性自体は単純なものでした。  このゲームもパズルゲームとしてのシステムは非常にシンプルですが、サンプルのステージを簡単に全部クリアできる人は、ほとんどいないと思います。  腕に覚えのある人は全面クリアに挑戦してみてください。

インデックスページ